So-net無料ブログ作成
検索選択

ホワイト レジナチェリ [ロバート・ホワイト 1538-1574]





イギリスRobert White(1530頃~1574)の曲です。

復活したイエスをたたえる聖母マリアへの賛歌です。
アレルヤを何度も繰り返し、限りない喜びに満ちあふれた音楽です。

昔のレコードの解説によると
ホワイトという人は、不幸なことに40才前後のときに
当時大流行したペストで3人の娘を亡くし、まもなく本人が死に、
ひと月もしないうちに奥さんも亡くなったそうです。


※5声(カウンターテノール1,2、テノール、バス1,2)の曲で、
いつものように一人で歌って多重録音しました。
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 3

matcha

隙間からの芸術とは、信じがたいですが
事実なんですよね。
アカペラコーラスには、特に場所は関係ないというと、すごい事ですよ、これは・・・。
大発見ですね。
「聖母マリアへの賛歌」は、生まれたのは馬小屋でしたっけ。
ある意味、リアルかもしれませんね。
失礼しました。
by matcha (2010-01-19 16:44) 

Promusica

こんばんは。
返事が遅くなってすみません。

>「聖母マリアへの賛歌」は、生まれたのは馬小屋でしたっけ。

そういえばそうですね。考えたことありませんでした(笑)
by Promusica (2010-01-23 01:32) 

matcha

困りました。
・・・・
コピー貼り付け編集間違いでございました。
頭には、もやっとあったんですが、意味不明になってしまいました。
すみません。
なぜ、キリストが馬小屋で生まれたかを考えていて、何も馬小屋でなくても良かったんじゃないかなぁ。
ここまで思い出したんですが、続きません。
また、思い出したら、コメントします。
お騒がせしました。
by matcha (2010-01-28 22:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。