So-net無料ブログ作成

モーツァルト「レクイエム」より 涙の日 [モーツァルト 1756-1791]

モーツァルト最後の作品。
その中でも、この第8曲目「ラクリモーサ(涙の日)」が絶筆となりました。



※一人で多重録音しました。
ソプラノ、アルト、テノール、バスをそれぞれ3回ずつ歌って重ねています。
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 4

matcha

お久しぶりです。
相も変らぬ美しいコーラス、有難うございます。
モーツァルト「レクイエム」、好きです。が、悔いのある曲。
モーツァルト自身が、最後まで作曲して頂きたかった。
ところで、バックの管弦楽は、カラオケですか?
かなり、凝ってますね。大作ですよ。
有難うございます。
by matcha (2010-03-17 14:11) 

Promusica

ありがとうございます。

>最後まで作曲して頂きたかった。
そうですね。モーツァルトが完成させていたら、どんな音楽になっていたのかって思います。

>バックの管弦楽は、カラオケですか?
いつもMIDI打ち込みです。
Cubase Studioという編集ソフト上でmidiにSteinberg HALion Symphonic Orchestraというソフト音源を各楽器(バイオリンやトランペットなど)に割り当ててつくってます。音の強弱は、1音ごとに変えています。(これ結構大変です)
by Promusica (2010-03-17 14:59) 

般若坊

感心しました。今は各楽器音まで合成できるんですね!一音一音の強弱をセットしていく苦労は大変だと思いますが、出来上がった時の感激は何物にも勝るのでしょうね。
by 般若坊 (2011-08-05 23:02) 

Promusica

般若坊さん。nice! コメントありがとうございます。

以前はパソコンで楽器の音に近づけるため苦労していたようですが、今は本当にリアルな音が出せるんですね。
by Promusica (2011-08-06 04:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0