So-net無料ブログ作成
検索選択

デュファイ もしも顔が青いなら [デュファイ 1397-1474]

ギョーム・デュファイ(Guillaume Dufay 1397~1474)は、それまでの中世の時代からルネサンスの時代を切り開いた15世紀の先駆的な作曲家です。




歌詞は、
「もしも私の顔が青いならそれは、恋のせいだろう。私は彼女なしでは生きられない。」といった意味です。


※一人で多重録音しました。
3声を歌って重ねています。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

たこすけ

大好きな歌です。ありがとうございます。
終わりの方で、はねているのが印象的です。
なるほど、ラブソングですからね。
スキップしている感じですね(笑)。
by たこすけ (2010-03-30 23:14) 

Promusica

ありがとうございます。
この曲好きな方は少数派だと思いますが(笑)

バッハのチェロよく聴かせていただいてます。
こちらもバッハをもっとやりたいのですが、ついつい寄り道をしています。

ビートルズもスゴイですね。また寄り道しそうです。
by Promusica (2010-03-31 00:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。