So-net無料ブログ作成
検索選択

ギヨーム・ド・マショー ノートルダム・ミサよりキリエ [ギヨーム・ド・マショー 1300-1377]

ギヨーム・ド・マショー(Guillaume de Machaut, 1300年頃 - 1377年)は、フランスの作曲家です。彼の有名なノートルダム・ミサ(聖母マリアのミサという意味だそうです)より最初の曲"Kyrie"キリエです。

この曲は、一人の人が全部通して作曲した最初のミサ(今では一般的ですが)ということで知られています。それまでは、ミサを構成するKyrie,Sanctus等の曲を別々に作っていたそうです。

以前合唱を始めたばかりの頃この曲の練習を始めたのですが、すぐに止めたのを思い出します。音取りが難しく、歌っていておもしろくなかったからです。確かに普通の(我々が慣れ親しんだ)音楽には出てこないようなとんでもない音が至る所に出てきます。こうして歌ってみると少しはこの曲の良さがわかってきたような気がします。





※一人で4声を歌い多重録音しています。途中のグレゴリオ聖歌は3回ずつ歌ってやはり重ねています。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: