So-net無料ブログ作成

ビクトリア Pange lingua 「パンジェリンガ」 [ビクトリア 1548-1611]

ビクトリア Tomás Luis de Victoria(1548~1611)作曲です。





この曲は、スペインのビクトリアの作曲ですが、江戸時代の日本ともつながっています。
1605年に長崎で出版されたキリスト教の典礼書「サカラメンタ提要」(礼拝などを行う上でのマニュアル本)
に19曲のグレゴリオ聖歌が印刷されていて、この中にこの曲の原曲も入っているのです。


       聞き比べて見てください。  ↓  ↓  ↓  ↓
グレゴリオ聖歌 「サカラメンタ提要」より Tantum ergo "かかる尊き秘跡を"
各パートに旋律が使われています。


※一人でソプラノ、アルト、テノール、バスを歌い多重録音しました。
2010.9.11録音
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 4

Promusica

いととはりさんniceありがとうございます。
by Promusica (2010-09-12 21:40) 

Promusica

もとこさん。
niceありがとうございます。
by Promusica (2010-09-16 20:00) 

nyankome

ご訪問&niceありがとうございました♪
Victoriaいいですね。
皆川達夫さんの「洋楽渡来考」を持っています。
ルネサンスの音楽が日本で形を変え現在まで伝わっているって奇跡ですね。
by nyankome (2010-09-26 02:00) 

Promusica

nyankome さんありがとうございます。
Cecilia さんの多重録音の記事から訪問させていただきました。
皆川さんの指揮で何度か歌わせていただいたことがありますが、その本は、持っていませんでした。(^_^;)
by Promusica (2010-09-26 02:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。