So-net無料ブログ作成
検索選択

ハインリヒ・イザーク  Innsbruck, ich muss dich lassen 「インスブルックよ、さようなら」 [イザーク 1450-1517]

ハインリヒ・イザーク Heinrich Isaac (1450頃 - 1517)は、フランドル楽派の作曲家です。
ジョスカン・デ・プレと同じ年の生まれです。
イザークの作品の中で最も有名なこの曲の旋律は、のちにバッハの「マタイ受難曲」「ヨハネ受難曲」の中でコラールとして使われています。
日本の讃美歌にも「讃美歌」41番や「讃美歌21」の295番と569番として親しまれています。



【12月10日追記】
讃美歌に編曲されたものはこちらです。
  讃美歌21の569番「今やこの世に」

【12月13日追記】
バッハのマタイ受難曲でこの旋律が使われたものを公開しました。
 バッハ マタイ受難曲よりNo10コラール「罪を償うべきは、このわたし」

※一人でソプラノ、アルト、テノール、バスを歌い多重録音しました。
2010.12.5録音
nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 6

コメント 10

いととはり

いつも聴かせていただいてます。ありがとうございます。
讃美歌を手にとって、確かめてみました。
なるほど、なるほど、でした。

by いととはり (2010-12-06 20:36) 

arata

Promusica 様
僕も、讃美歌21の295番を読譜して、<なるほど>と思いました。世俗曲が、歌詞を変えて讃美歌になる例は多いですが、これもその一つだったのですね。295番も569番も歌詞を見ると、割りに早い時期に歌詞が付けられていますね。それだけ、当時親しまれていた曲なのだな、思いました。
arata
by arata (2010-12-06 20:49) 

Promusica

いととはりさん、コメントありがとうございます。
ドイツ語のルネサンス音楽は、イギリス、イタリア等に比べると地味な感じがしますが、ルター、バッハを生んだ国として讃美歌とのつながりは深いようです。
次作もバッハの有名なコラールの原曲を予定しています。
by Promusica (2010-12-06 21:22) 

Promusica

arataさん、コメントありがとうございます。
讃美歌ブログにリンクしようと思いましたが、まだ歌っていませんでした(笑)
この旋律は、イザークの創作ではなく民謡だとの説もあるようですが、イザーク自身気に入っていたようで、同じ旋律をもとにもう一つの世俗曲と宗教曲を作っています。

by Promusica (2010-12-06 21:23) 

nyankome

賛美歌の方も聴かせて頂きました。
この曲はリュートのアンサンブルでも取り上げましたし、歌の方にも入って頂いたこともあります。
イザークのものは音が重なったの響きが美しいですね。
演奏しながらも録音を聴かせて頂きながらもそう感じました。
by nyankome (2010-12-10 01:31) 

Promusica

その記事読ませて頂いた記憶があります。
時々nyankome さんの演奏曲とこちらの音楽が重なることがありますね。
リュートとは若い頃出会い、初めて見て触った古楽器でもあります。その頃(30年前)リュートを弾いていた友人ともいまだに親しくさせて頂いているので身近に感じる楽器です。
by Promusica (2010-12-10 03:28) 

Cecilia

お久しぶりです。
讃美歌にはなじみがありますし、この曲について以前記事にしたことがあります。
http://santa-cecilia.blog.so-net.ne.jp/2007-03-28
美しいハーモニーを堪能させていただきました。
by Cecilia (2010-12-10 09:10) 

Promusica

Cecilia さん こんばんは。
記事拝見いたしました。

♪草木も人も眠りに落ちて夜は静けし~♪(讃美歌41番)と書いておられるように私もそちらのほうで親しんでいました。

讃美歌のブログでは「讃美歌21」の569番「今やこの世に」を初めて歌いましたが、何か違う曲を歌っているようでした。
by Promusica (2010-12-10 21:51) 

Promusica

glennmieさん
nice! ありがとうございます。
by Promusica (2010-12-18 20:16) 

Promusica

ぼんぼちぼちぼちさん
nice! ありがとうございます。
by Promusica (2010-12-18 20:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: