So-net無料ブログ作成

バッハ クリスマス・オラトリオより No64 コラール「神のみもとに人類の場所を得た」 [バッハ 1685-1750]

前回のバッハの「血潮したたる主のみかしら」と同じ原曲(ハスラー「わたしの心は千々に乱れ」)を用いた曲をもう一つ。
クリスマスオラトリオ全6部の最後の曲「神のみもとに人類の場所を得た」Nun seid ihr wohl gerochen です。
この6部は1735年1月6日に初演されました。
同じ旋律を用いながら受難曲で使った悲壮な感じとは対照的に、このオラトリオの最後を飾るにふさわしい力強い曲となっています。

  [歌詞大意]
    今あなた方を苦しめた敵の上に報復は遂げられた
    キリストは敵を打ち砕いた
    死、悪魔、罪そして地獄は完全に力を失った
    神のみもとに人類の場所を得た



一人でソプラノ、アルト、テノール、バスを3回ずつ歌い、多重録音しています。
オーケストラは、MIDI打ち込みです。音源は「HALion Symphonic Orchestra」 と「Rumpelrausch Taips AZR3」(Organ音源/Free)を使用しています。
トランペット1,2,3、ティンパニ、オーボエ1,2、バイオリン1,2、ビオラ、チェロ、コントラバス、ファゴット、オルガン、合唱12トラック
計25トラックで録音しています。


2011/1/30録音
nice!(5)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 9

Promusica

もとこさん。 nice! ありがとうございます。
by Promusica (2011-02-02 04:48) 

音声多重ファン

ハスラーの原曲からこのような祝祭的な表現、マタイもそうですがBACHの
編曲の仕方ただただひれ伏します。

それにしても一人で25トラックの演奏、作り方はわかりませんが一転のよどみも無く
心地よいハーモニー癒されます。
大変でしょうがアップ楽しみにしております。
by 音声多重ファン (2011-02-02 22:02) 

Promusica

音声多重ファン さん こんばんは。

>BACHの編曲の仕方ただただひれ伏します。
同感です。これを初めて聴いた時は驚きました。
同じ旋律でこうも違う音楽がつくれるんですね。

最近バッハが続きましたのでそろそろルネサンスに戻ろうかとも思っています。またよろしく願います。(^o^)
by Promusica (2011-02-03 01:41) 

Promusica

sumiさん nice! ありがとうございます。
by Promusica (2011-02-05 06:09) 

Promusica

galapagos さん nice! ありがとうございます。
by Promusica (2011-02-05 22:39) 

arata

Promusica 様
同じ旋律で、これだけ表現の異なる音楽を書けたBach の手腕に、ただただ驚くばかりです。僕の大好きなRossini にも言える事ですが、同じ題材を用いても、夫々の音楽に巧妙な創意工夫を凝らして、同じ音楽にならないように、変化を作り上げています。真の天才は、そのようなメティエを持っているのですね。改めて、Bach の高みを実感しました。
arata
by arata (2011-02-08 09:52) 

Promusica

このことの意義について的を射た文があります。

「キリストの勝利を宣言するこのコラールが受難コラールの旋律で運ばれることは、降誕の意義が受難によってこそ完遂されることをわれわれに銘記させる」バッハ事典(磯山雅/小林義武/鳴海史生著 東京書籍)より

あえてマタイの旋律を最終曲に選んだのも、単なる偶然ではないのでしょう。
by Promusica (2011-02-09 04:05) 

Cecilia

この祝祭的な雰囲気大好きです。
同じ旋律を使っているのにすごいですね。あらためてバッハの偉大さを感じました。

>「キリストの勝利を宣言するこのコラールが受難コラールの旋律で運ばれることは、降誕の意義が受難によってこそ完遂されることをわれわれに銘記させる」

そのとおりだと思います。
偶然ではなく意図的に使っていると思います。


by Cecilia (2011-02-09 09:16) 

Promusica

Cecilia さんありがとうございます。
マニフィカトやカンタータ147番の冒頭合唱などトランペットが効果的に使われ、私も大好きです。何か解き放たれた気持ちになります。
by Promusica (2011-02-10 04:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0