So-net無料ブログ作成

ジャヌカン Petite nymphe folastre「かわいいニンフ」 [ジャヌカン 1485-1558]

フランスのクレマン・ジャヌカン(Clément Janequin, 1480頃~1558)作曲です。




※一人でソプラノ、アルト、テノール、バスを歌い多重録音しました。
2011.7.24録音
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 4

いととはり

お久しぶりです。いつもすがすがしい歌声!
by いととはり (2011-07-25 22:36) 

Promusica

いととはりさん nice! コメントありがとうございます。
フランスものは、苦手なのですが敢えて挑戦してます(笑)
by Promusica (2011-07-26 03:31) 

般若坊

各パートを3回づつ歌うのがミソですね!微妙な音のずれで合唱が構成され、それらを各パート合成すると計12人による合唱になる。
かわいいニンフの録音も素敵ですね!
by 般若坊 (2011-08-06 17:39) 

Promusica

般若坊さん。nice! コメントありがとうございます。

この曲は、各パート1回ずつしか歌っていません。4人で歌っていることになります。

一般的にルネッサンス時代は、比較的少人数で歌っていたようなのでこのような4人編成(4パートの場合)で録音しています。
バッハなどバロック以降は、ある程度まとまった人数の合唱団で歌われていたので、現代のいわゆる「合唱」のイメージで12人編成としています。

どちらも一長一短があります。

4人編成だと各パートがはっきり聞こえるので各パートの音の絡み合いが引き立ちます。
そのかわりちょっとした音の揺れやズレが気になり、歌う方は苦労します。

12人編成では、重厚な音楽になり和音の美しさを出すことができます。
その代わり各パートの動きが伝わりにくくなり、少しぼやけた感じになります。細かいミスは、他の音がカバーするので歌う方は楽です。

ちょっと長くなりましたが、説明する機会をくださりありがとうございました。
by Promusica (2011-08-07 00:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。