So-net無料ブログ作成

ダウランド Go crystal tears [ダウランド 1563-1626]

イギリスのジョン・ダウランド(John Dowland 1563-1626)作曲による
Go crystal tears(行け、水晶の涙)です。




※一人でソプラノ、アルト、テノール、バスを歌い多重録音しました。
2012/4/7,4/14, 7/1録音

【追記】4/14ファイル差し替えました。
【追記】7/1ファイル差し替えました。

nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 5

シズコ

こんばんは。Go crystal tears、聴かせて頂きました。
実は「ダウランド」と見て、私のダウランドのイメージが、「軽快で明るい」というものだったので、今の落ち込んだ体調では聴けなかったんです。
でも、今聴かせて頂いて、とても良かったです。
パソコンに座り、まだ山形はとても寒いので(朝晩ヒーターが欠かせません)ブランケットを二枚ひざにかけながら、とーん、とーん♪と、自分の膝を手で打ちながら聴かせて頂きました。
「こういう感じの曲のダウランド」もあるんだな~・・・と、正直な気持ち思いました。
歌詞が知りたくて検索かけてみたけどわからなくて残念でした。
でも、本当の最後のほうで、どんな言葉を歌っておられるかはわからないのですが、子音をとてもやわらかく歌っておられるのが、とても心地よく聴かせて頂きました。後は・・・最後の伸ばす音。安心しました。(って、感想じゃ、変かな?)
いつも拝聴しながら改めて「これPromusicaさんお一人で唄ってらっしゃるんだよな~。四人は居ないんだよな~」と思います。(苦笑)
多重録音と言うのがよくわからないせいか、なんだかPromusicaさんと他に何人か仲間がいて歌ったのを聴かせて頂いてる・・・・そんな気分になっちゃうんです。

今日はなんだか、元気だった教員時代を思い返していたせいでしょうか?教え子と学校でいろいろ触れ合っていたことを懐かしく思い出しながら聴かせて頂きました。

大分はもう暖かいのでしょうね。
山形の桜はまだまだです。20日過ぎのようで、ニュースでも東京の桜を見ても、全くぴんと来ません。
私の体調は、二日くらい上向いていたのですが、昨日がくっと下がりました。お医者さんによると、気圧の変化が激しいのも一因だそうです。

今日のインドネシアの地震は心痛みました。でも津波が来なくてなによりです。

では、また。(^-^)/

by シズコ (2012-04-11 23:51) 

Promusica

シズコ さん こんばんは

聴いて頂きうれしいです。
こちらは随分暖かくなり、今部屋の温度計は22℃です。
桜もかなり散りました。

歌詞ですけど持っているCDについている歌詞を載せておきます。


「行け 透明な涙よ」

行け 透明な涙よ 朝の通り雨のように
そしてあの人の胸にそっと流れ注げ
しおれた草花が 露を得て生き返るように
おまえの憐れみの雨滴の力で
あの人の心にぼくのことを生き生きと思い出させてくれ
あの人から離れているときのぼくの取柄など 無と同じなのだけれど

急げ 休みなき溜息よ その燃える熱さで
あの人の固い心の水を 溶かせ
冷酷に まるで忘れっぽい「死」のように
あの人はぼくの取柄など感じ取ってくれない
にもかかわらず ぼくは溜息と涙を捧げる
この罪なき心と この忍耐強い目を絞って
by Promusica (2012-04-12 01:28) 

シズコ

Promusicaさん、こんばんは。
歌詞、載せてくださってありがとうございました。
ダウランドらしい恋歌の歌詞なんですね。
大学卒業してから、一般の合唱団に入って歌っていたのを思い出しました。

大分はもう22度もあるのですか?そして桜がかなり散った!?
ビックリ!
今山形市は、というか・・・私のパソコン部屋は、ヒーター付けて22度です。(苦笑)
桜はまだですねー。
年毎に随分違って、入学式(山形はだいたい4月7日あたりです)頃には咲く時は咲くのですが、今年はかなり遅いです。
今コンビニまでちょっと買い物に行ったのですが、笑われそうですが私、まだダウンジャケットはおってるんですよ。(苦笑)
日中は暖かいようです。昨日、体調が悪くて精神科と内科(風邪ぶりかえしちゃいました)の点滴両方してもらってきたのですが、日中はダウン着てたら汗かいちゃって、脱いで歩いてました。
でも、帰宅頃の夕方は、やはり寒くて着ないといられないんですよ。
寒暖の差が激しいんでしょうね。私だけでなく「体調がよくない」と言う人がかなり多いです。我が家の家族も然りです。

桜の頃までは、元気になりたいなあと思っています。
山形市内を馬見ヶ崎川(まみがさきがわ)と言う川が通っているんです。そこで私たちは名物「芋煮会(いもにかい)」をするのですが、その川の脇の道にずっと桜の木が植わっていていて、春になって咲くと、見事な桜のトンネルになるんです。
そこに、今年は毎年お世話になっている、牧師先生ご夫妻を私の来るまでご案内できたら良いなあと思っています。
大分の桜も美しいのでしょうね。また葉桜も美しいですね。
私は葉桜になった瞬間も大好きです。

たくさん書いてしまいました。ではまた。(^-^)/
by シズコ (2012-04-13 22:18) 

Promusica

もとこさん。
nice! ありがとうございます。
by Promusica (2012-04-30 23:26) 

Promusica

いととはりさん nice! ありがとうございます。
by Promusica (2012-05-02 01:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0