So-net無料ブログ作成
検索選択
ヘンデル 1685-1759 ブログトップ

ヘンデル メサイアより Lift up your heads,O ye gates [ヘンデル 1685-1759]

ヘンデル(Georg Friedrich Handel 1685-1759)作曲『メサイア』より
No.33 Lift up your heads,O ye gates です。
メサイア(全3部)の2部の中頃で歌われる曲です。

イエスの復活を旧約聖書の「詩編」によって高らかに歌われます。



歌詞

門(かど)よ、こうべをあげよ。とこしえの戸よ、あがれ。
栄光の王がはいられる。

栄光の王とはだれか。
強く勇ましい主、戦いに勇ましい主である。

門(かど)よ、こうべをあげよ。とこしえの戸よ、あがれ。
栄光の王がはいられる。

この栄光の王とはだれか。
万軍の主、これこそ栄光の王である。

【詩編第24篇7~10節】旧約聖書(日本聖書協会刊)



《これまでの多重録音によるメサイア》
No.4 And the glory of the Load
No.12 For unto us a child is born
No.44 Hallelujah(ハレルヤ)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
11月このメサイアを歌う予定で7月から練習に行っています。

ヘンデルオラトリオ「メサイア」特別演奏会 ~大分市民合唱団ウイステリア・コール創立60周年記念~

地方ではこのような大曲を歌う機会はほとんどないのですが、今歌わせていただいている合唱団は、伝統的によくこのメサイアを取り上げており今回で4回目になります。

この合唱団は、私がルネサンス音楽と出会った合唱団でもあります。
20才になったばかりの素人が最初にステージで歌ったのがいきなりメサイア全曲でした。
しかもこの時は暗譜。

そしてその年の合唱コンクール
課題曲は何とジェズアルド、自由曲はパレストリーナのミサ曲でした。
これが初めて歌ったルネサンス音楽でした。




※一人でソプラノ、アルト、テノール、バスを3回ずつ歌い、多重録音しています。
オーケストラは、MIDI打ち込みです。音源は「HALion Symphonic Orchestra」

バイオリン1,2、ビオラ、チェロ、コントラバス、オーボエ1,2、ファゴット、チェンバロ、合唱12トラック
計21トラックで録音しています。


2011.10.29~30録音
nice!(3)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヘンデルのメサイアから ハレルヤ [ヘンデル 1685-1759]

メサイアの第2部の最終曲 「ハレルヤ」です。





※一人で多重録音しました。
ソプラノ、アルト、テノール、バスをそれぞれ3回ずつ歌って重ねています。
タグ:バロック
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヘンデルのメサイアから No4 & No12 [ヘンデル 1685-1759]

「メサイア」は、言うまでもありませんが、合唱、独唱50曲程で構成された、キリストの生涯を描いた音楽です。全部演奏すると2時間ぐらいで、あの有名な「ハレルヤコーラス」は、40曲目ぐらいに登場します。

この曲は、4番目と12番目の合唱曲です。

特に12番目の"For unto us a Child is born"は歌った経験がある方は毎度おなじみ、この細かな動き(メリスマ)に苦労させられます。
クリスマスまで1ヶ月以上ありますが、一足先に公開です。

ヘンデル/メサイアから No.4 And the glory, the glory of the Lord




ヘンデル/メサイアから No.12 For unto us a Child is born




※一人で多重録音しました。
ソプラノ、アルト、テノール、バスをそれぞれ3回ずつ歌って重ねています。

nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ヘンデル 1685-1759 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。