So-net無料ブログ作成
ロバート・ホワイト 1538-1574 ブログトップ

ホワイト エレミア哀歌 [ロバート・ホワイト 1538-1574]

Robert White(1530頃~1574)は、ルネサンス時代のイギリスの作曲家です。
あまり知られていない作曲家ですが、ウエストミンスター寺院の合唱長をしていた人だそうです。



※5声(ソプラノ、アルト、テノール1、2、バス)の曲で、いつものように一人で多重録音しました。

ホワイト レジナチェリ [ロバート・ホワイト 1538-1574]





イギリスのRobert White(1530頃~1574)の曲です。

復活したイエスをたたえる聖母マリアへの賛歌です。
アレルヤを何度も繰り返し、限りない喜びに満ちあふれた音楽です。

昔のレコードの解説によると
ホワイトという人は、不幸なことに40才前後のときに
当時大流行したペストで3人の娘を亡くし、まもなく本人が死に、
ひと月もしないうちに奥さんも亡くなったそうです。


※5声(カウンターテノール1,2、テノール、バス1,2)の曲で、
いつものように一人で歌って多重録音しました。
ロバート・ホワイト 1538-1574 ブログトップ