So-net無料ブログ作成
ダウランド 1563-1626 ブログトップ

ダウランド Say love if ever thou didst find [ダウランド 1563-1626]

前回に引き続きジョン・ダウランド(1563-1626)です。
"Say love if ever thou didst find"です。



※一人で4声(ソプラノ、アルト、テノール、バス)を歌い多重録音しました。
2013/11/3-5録音
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ダウランド Humor say what mak'st thou here [ダウランド 1563-1626]

ジョン・ダウランド(1563-1626)の "Humor say what mak'st thou here"です。



※一人で5声(ソプラノ1,2、アルト、テノール、バス)を歌い多重録音しました。
2013/10/5,6,12録音

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ダウランド Can she excuse my wrongs [ダウランド 1563-1626]

前回に引き続き、イギリスのジョン・ダウランド(John Dowland 1563-1626)の曲です。
Can she excuse my wrongs  「ぼくの受けた苦しみを」 失恋の歌です。



※一人でソプラノ、アルト、テノール、バスを歌い多重録音しました。
音楽編集ソフト:Steinberg Cubase Studio 5
Microphone: RODE NT4

2012/6/9~10, 7/1録音
【追記】7/1ファイル差し替えました。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ダウランド His golden locks [ダウランド 1563-1626]

イギリスのジョン・ダウランド(John Dowland 1563-1626)作曲です。

彼の金髪も、時が銀色に変えてしまった・・・

歳をとった男のエリザベス女王(1世)への変わらぬ思いを歌ったものです。





※一人でソプラノ、アルト、テノール、バスを歌い多重録音しました。
音楽編集ソフト:Steinberg Cubase Studio 5
Microphone: RODE NT4

2012/5/19~20, 7/1録音
【追記】7/1ファイル差し替えました。
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ダウランド Go crystal tears [ダウランド 1563-1626]

イギリスのジョン・ダウランド(John Dowland 1563-1626)作曲による
Go crystal tears(行け、水晶の涙)です。




※一人でソプラノ、アルト、テノール、バスを歌い多重録音しました。
2012/4/7,4/14, 7/1録音

【追記】4/14ファイル差し替えました。
【追記】7/1ファイル差し替えました。

nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ダウランド If my complaints could passions move [ダウランド 1563-1626]

inekari.gif
最近小さなコンサートでリュートの伴奏で歌う機会が2回ありました。
リュート伴奏は、友人のSさんです。

これはそのための練習時の録音です。

練習は、Sさん宅に伺い行ったのですが、場所は家の中ではありません。
彼は、農業をされているのですが、彼の田んぼ(上の写真)の脇にある納屋の軒先です。
リュートは、Sさん自作のルネッサンスリュートです。
lute.gif
屋外なので虫の鳴き声、近くの水路を流れる水の音なども一緒に入っています。

稲刈りで忙しい中での練習でした。
Sさん、ありがとうございました。

曲は、イギリスのダウランド(John Dowland 1563-1626)によるリュートソングです。





2011.9.26録音 (SONY PCM-D1にて録音)
nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ダウランド Rest a While, You Cruel Cares [ダウランド 1563-1626]

イギリスのダウランド(1563-1626)によるリュートソングです。




※一人でソプラノ、アルト、テノール、バスを歌い多重録音しました。
2010.3.17録音 (昨日の公開に引き続き、新録音です。)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ダウランド Come away, Come sweet love [ダウランド 1563-1626]

イギリスのダウランド(1563-1626)によるリュートソングです。
普通はリュート(ギターのような楽器、日本の琵琶と起源は同じ)の伴奏で歌われます。

久しぶりの新曲です。




※一人でソプラノ、アルト、テノール、バスを歌い多重録音しました。
2010.3.7録音
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ダウランド Come again [ダウランド 1563-1626]




イギリスのダウランド(1563-1626)によるリュートソングです。
私にとっては、昨年4月初めて多重録音で公開した記念すべき曲です。
なおこの録音は、何度か取り直したものです。
タグ:ルネサンス
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ダウランド 今こそ別れ [ダウランド 1563-1626]




イギリスのダウランド(1563-1626)によるリュートソングです。
タグ:ルネサンス
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ダウランド Fine knacks for ladies [ダウランド 1563-1626]



イギリスのダウランド(1563-1626)によるリュートソングです。
タグ:ルネサンス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ダウランド 1563-1626 ブログトップ